ロゼレムは新しいタイプの睡眠薬。その効果や副作用は?

日本で用いられている睡眠薬にはさまざまな種類がありますが、その多くはベンゾジアゼピン系の睡眠薬です。この種類の薬は睡眠をうながす効果をもっている反面、睡眠リズムの調整作用はありません。

しかし2010年、人間の睡眠リズムを制御している「体内時計」に働きかけて、眠りをもたらす睡眠薬が誕生しました。武田薬品のロゼレム(薬剤名:ラメルテオン)です。

このページでは、ロゼレムの効果や副作用などについてご紹介します。

スポンサーリンク

ロゼレムは自然な眠りをうながす睡眠薬

ロゼレムは、睡眠ホルモン「メラトニン」に似た働きをする薬です。メラトニンは脳内の松果体(しょうかたい)という器官から分泌される物質で、次のような作用を持っています。

  • 深部体温を下げる
  • 副交感神経を優位にして、気持ちを落ち着かせる
  • 呼吸や脈拍、血圧を低くする

これらの作用のおかげで、人間の身体は眠りに適した状態になります。しかし、何らかの理由によってメラトニンがうまく分泌されなくなると、眠る時刻になっても寝付けなくなったり、睡眠の時間帯が乱れたりします。

そういうときに、メラトニンに似た働きをするロゼレムを服用するとどうなるでしょうか。身体が睡眠に適した状態に移行できるため、自然な眠りがもたらされるのです。しかも、ロゼレムはメラトニン自体よりも睡眠をうながす作用が強く、その力は3~6倍にのぼるという試験結果もあります。

従来の睡眠薬と比べると、効果そのものは穏やか

ロゼレムは、従来のベンゾジアゼピン系睡眠薬と比べると睡眠作用はやや弱いと言われています。とくに、不安やイライラなどの精神的要因によって引き起こされる不眠症には効きがよくありません。そのため、ハルシオンのような抗不安作用のある睡眠薬のほうがぐっすり眠れるという人もいます。

その反面、体内時計が乱れるせいで発生する概日リズム睡眠障害に対しては、大きな効果を発揮します(これについては後述します)。

一般的な睡眠薬は、服用後30分程度で眠くなるものが多いのですが、ロゼレムはそれと比べて睡眠作用が出るまでに時間がかかります。就寝直前に飲んでもすぐには眠くなりません。そのため、就寝時刻の2時間前には服用しておく必要があります。

副作用や危険性はとても小さい

ロゼレムは非常に安全性の高い薬です。臨床試験では、頭痛やめまい、のどの痛みなどの副作用が見られましたが、いずれも軽度の範囲内でおさまっています。

さらに、従来型の睡眠薬でひんぱんに発生する下記の副作用は、ロゼレムではほとんど起こらないことが分かっています。

  • 薬が翌朝まで残るせいで発生する「ふらつき」
  • 薬を飲んだあとに記憶がなくなる「前向性健忘」
  • 服用をやめると、その反動で眠れなくなる「反跳性不眠

薬の副作用が強く出てしまいがちな高齢の方でも安心して使えるのが、ロゼレムの長所のひとつです。

ただし、副作用がまったくないわけではありません。服用量が多すぎたり体質に合わなかったりすると、睡眠作用が翌日まで残ってしまい、日中に強い眠気が引き起こされる危険性があります。

スポンサーリンク

概日リズム睡眠障害の治療に有効

ロゼレムは単に眠気を誘発するだけの薬ではありません。体内時計リズムを調整する働きも持っています。そのため、体内時計のリズムが乱れるせいで発生する「概日リズム睡眠障害」の改善に効果を発揮します。

ちなみに、ハルシオンやリスミー、レンドルミンなどに代表されるベンゾジアゼピン系睡眠薬は、体内時計に働きかける力を持っていません。

では、概日リズム睡眠障害を改善するためには、どういう風にロゼレムを使えばいいのでしょうか。ここでは、概日リズム睡眠障害のなかでも多く見られる「睡眠相後退症候群」を例にします。この睡眠障害は、睡眠時間帯が後ろにずれてしまい、夜中になるまで眠れないというものです。

睡眠相後退症候群にかかると、夜中の3~4時まで寝つけなくなります。そこで睡眠リズムを早めて24時くらいに自然に眠りにつくためには、「就寝時刻の5時間前にロゼレムを使うと効果的」という調査結果があります。つまり、夜19時前後に服用すればいいということです。

一般的な睡眠薬の場合、就寝5時間前に飲むことはありません。ロゼレムの服用方法はかなり特徴的だと言えます。ロゼレムを使用するときは、かならず事前に専門医に相談して、服用の仕方を確認しておきましょう。

なお、睡眠リズムを変化させるためには、ロゼレムを1~2か月ほど使い続ける必要があります。

メラトニンそのものを摂るのもアリ?

ロゼレムは、睡眠ホルモン「メラトニン」と似た働きをする薬です。これを言いかえると、メラトニンそのものを摂取した場合にも、ロゼレムと同じような効果が期待できるということです。

メラトニンは人間の脳内で分泌される物質ですが、サプリメントの形でも摂取できます。ただし日本では販売されていません(アメリカではスーパーマーケットで販売されているくらい、認知度が高いそうです)。

海外通販を利用すれば、個数制限はあるものの購入することが可能です。たとえば、私が一時期メラトニンを使っていた時はiherb(アイハーブ)というサイトから購入していました。

(初めて注文する方は5ドルの割引を受けられます!)

軽度の不眠症なら、メラトニンのサプリを使ってみるのは有効な手段です。なお、メラトニンの分泌量は年齢とともにどんどん減少していきます。加齢の影響で眠れなくなった場合には、メラトニンを外部からおぎなうとぐっすり眠れる可能性があります。

スポンサーリンク

関連記事:こちらもあわせてどうぞ

ページの先頭へ