いびきはなぜ起こる? その原因は気道がせまくなること!

日本人のうち、習慣的にいびきをかく人は2000万人もいると言われています。いびきをかいている本人は自覚症状に乏しいため、あまり深刻に考えないようですが、寝室を共にする側からすれば大問題です。実際、「夫のいびきがうるさくて眠れない!」という悩みを抱えている方は多くいます。

では、そんな厄介ないびきを引きおこす原因は何なのでしょうか。

一言でいうと、
「気道がせまくなること」

これがいびきの原因です。

スポンサーリンク

いびきと気道にはどんな関係がある?

人間が息を吸ったり吐いたりするときに、空気の通り道になる部分を「気道」と言いますが、何らかの理由によってこの気道がせまくなることがあります。

気道がせまくなると、呼吸時の空気の流れが変わります。空気抵抗が大きくなり、空気の流れが乱れてしまうのです。その影響で、のどの粘膜や分泌物、そして軟口蓋(なんこうがい)が振動します。この振動音がいびきの正体です。

もともと気道にはデコボコとした凹凸があったり、意図的にせまくなっている部分もあったりして、空気抵抗が生まれやすい構造をしています。これは、ほこりやごみなどの異物をブロックして体内に入らないようにするためです。

しかし、気道が必要以上にせまくなれば、空気の流れが簡単に乱れてしまうため、いびきが出やすくなるのです。

気道をせばめてしまう原因5つ

では、な気道がせまくなるのでしょうか。その原因はたくさんありますが、代表的なのは次の5つです。

1.太ることで気道がせまくなる

太りぎみの体型は、いびきと密接な関係があります。

太るというと、昔は見た目や体重などを気にする人がほとんどでしたが、今では体の内部につく脂肪の危険性も注目されるようになりました。

実は、この「体の内部につく脂肪」がいびきの原因になるのです。

人が太るときにどこに脂肪がつきやすいのか、それはさまざまな説がありますが、遅かれ早かれ「のどの内部」にも脂肪がたまっていきます。そして、この脂肪がいびきを引き起こします。のどの内部に脂肪がつくということは、その分だけ気道がせまくなることを意味しているからです。

つまり、

① 太る
 ↓
② のどの内部に脂肪がつく
 ↓
③ 気道がせまくなる
 ↓
④ いびきをかくようになる

という流れです。

人間は年齢を重ねるにつれて太りやすくなります。とくに20代後半~30代前半になると、それまでとは脂肪の付き方が変わってきます。このくらいの年齢でいびきが発生するようになったら、首の脂肪のせいで気道がせまくなっている可能性が高いです。

また、体全体の見た目はあまり変わっていなくても、首まわりだけ太くなってきた場合は要注意です。「首が太いほうが気道も広い」というイメージがあるかもしれませんが、実際のところは「首が太い=気道のまわりに脂肪がついている」という状態が多いからです。

2.年齢にともなって筋肉がおとろえる

年齢をかさねるにしたがって、筋肉の張りは衰えていきます。のども例外ではありません。

のどの筋肉(特に上気道筋)の張りが衰えると、舌が気道に落ち込みやすくなります。その結果、気道がせまくなっていびきにつながります。

3.扁桃や口蓋垂が大きすぎる

扁桃はのどの奥にある器官で、次の3種類があります。

  • 咽頭扁桃(いんとうへんとう)
  • 口蓋扁桃(こうがいへんとう)
  • 舌扁桃(ぜつへんとう)

どの扁桃にも言えることですが、大きすぎると気道をふさいでしまうため、いびきの原因になります。とくに子供のいびきは扁桃が関係していることが多いと言われています。

また扁桃と同様に、口蓋垂(こうがいすい)が長すぎることも気道をふさぐ原因になります。

4.鼻づまりなどのせいで口呼吸になっている

鼻の通りが悪くなると口呼吸になりますが、これはいびきを誘発します。なぜなら、眠っているときに口を開いていると舌がのどの奥に落ち込んで、気道がせまくなるからです。

「特定の季節だけいびきをかきやすい」という方は、風邪や花粉症のせいで鼻がつまって口呼吸になっているのかもしれません。そういう場合は、ブリーズライトなどの「鼻腔を拡張するグッズ」が役に立ちます。
(逆に言えば、鼻の通りが無関係なときは効果がないということ)

ほかに口呼吸をまねく要因として挙げられるのは「精神的なストレス」です。ストレスが多いと、脳に酸素をたくさん供給しようとして口を開けて呼吸しがちになります。

精神的ストレスが夜寝つけない(入眠障害)などの不眠症を引きおこすことは広く知られていますが、実はいびきにも関係しているわけです。

補足

人間は眠り始めの段階だけ口で呼吸して、しだいに鼻呼吸に移るという特徴があります。そのため、眠りに入った直後だけいびきが出るという人も多いですが、これは問題ありません。

スポンサーリンク

5.アルコールや睡眠薬などの影響で、筋肉がゆるむ

アルコールは筋肉の緊張をときほぐす作用があります。このとき、のどの筋肉がゆるみすぎると気道がせまくなって、いびきをかきやすくなります。

なお、「眠れない夜には寝酒をする」という方もいるかもしれませんが、いびきの観点からだけでなく、眠りの質という視点からみても寝酒はやめたほうが無難です。

アルコールと同様に、睡眠薬もからだを弛緩させることが多いのでいびきの原因になります。とくに、現在よく用いられている「ベンゾジアゼピン系」の睡眠薬は、筋肉の緊張をほぐす作用が強いと言われています。

最後に:気道がせまくなりすぎると無呼吸になる!

単なるいびき症は、健康の面で悪影響があるわけではありません。しかし、気道がせまくなりすぎると別の問題が発生します。空気の通り道が細くなるせいで、呼吸障害のような状態が続いてしまうのです。そうなると、身体に充分に酸素を送れなくなります。

さらに症状がひどくなって、気道が完全にふさがるようになると「睡眠時無呼吸症候群」になる可能性が高まります。ひと晩に何十回も呼吸が停止することも珍しくなく、心身に計りしれない影響をおよぼします。

そうなる前に、早め早めの対策をしていきましょう。いびき改善については、次ページ「いびきを改善する方法とは? 5つの要因に分けてご紹介」を参考にしてみてください。また、睡眠時無呼吸症候群についてはこちらのページで詳しく述べています。

スポンサーリンク

「いびき」に関するページ一覧

ページの先頭へ